トップページ > 映画一覧 > パイレーツオブカリビアン ワールドエンド

映画 パイレーツオブカリビアン ワールドエンド

映画 感想 | パイレーツオブカリビアン ワールドエンド

台はカリブ海からアジア、そして前人未到の“世界の果て(ワールド・エンド)”へ。滅亡の危機に追 い込まれた海賊達は、世界各地の海を治める“伝説の海賊”たちの名のもとに集結し、海賊史上類の ない、最初にして最後の決戦のために立ち上がる。自由を愛するジャック・スパロウ、海賊の魂を持 つ令嬢エリザベス・スワン、海賊の血をひく情熱家ウィル・ターナー、あの愛すべきヒーローたちが 壮大なる3部作のクライマックスに向けて、ついに最後の冒険へと旅立つ。

映画 あらすじ

映画 感想 | パイレーツオブカリビアン ワールドエンド あらすじ

ジェームズ・ノリントンが持ち帰ったデイヴィ・ジョーンズの心臓を入手した東インド会社のベケッ ト卿は、フライング・ダッチマン号を操り、世界中の海賊たちを次々と葬っていた。海賊たちが生き 残るには、選ばれた9人の“伝説の海賊”を召集し、一致団結して全面対決するのみ。しかし9人のう ちの1人は、クラーケンに飲み込まれて生死不明となったジャック・スパロウ(ジョニー・デップ)だった。 ブラック・パール号の乗組員たちは、キャプテン・バルボッサを船長に迎え、中国の海賊を束ね るサオ・フェン(チョウ・ユンファ)から世界の果てまでの海図を受け取り、ジャックの救出に向かう。 海図と引き換えにサオ・フェンのそばに置かれたエリザベス(キーラ・ナイトレイ)は、ベケット卿の 襲撃に遭い重傷を負ったサオ・フェンより船を託され“伝説の海賊”の1人となる。

映画 感想

映画 感想 | パイレーツオブカリビアン ワールドエンド 感想

大ヒット海賊アクション映画三部作の最終章です。この後に映画「パイレーツオブカリビアン 生命の泉」が公開されるので、 これが本当の完結編にはなりませんでしたが、オーランドやキーラなどの主要キャストが出ている話では完結します。 前回、ジャックがクラーケンに食われバルボッサが合流した所から始まります。ジャックを救うために船を逆さまにしたりして、 不思議な世界に行ったりするのですが、その面白い趣向を賞味入れても詰め込み過ぎ感が出ている話です。 個人的に納得のいかない所は、クラーケンがいつの間にか死んでいた事です。しかも、その映像が無く死体が映って終わりです。 前作であれ程無敵を誇っていたはずなのですが、こんな雑魚キャラ扱いをされるとは・・・。

映画 感想 | パイレーツオブカリビアン ワールドエンド 感想2

とりあえず、前作からの伏線を回収しきれずに終わってしまうので不完全燃焼を起こす事必死です。 典型的な中途半端エンドになっており、みんな幸せになる雰囲気を最後の方に出しておいてこれかよ!、 という感じで終わります。これから見る人には申し訳ないですが、ウィルが可愛そう過ぎるエンディングです。 ジャックもおいおいという感じですし、バルボッサはお前いい加減にせいやと言いたくなります。 これって完結編の映画ですよね?と制作陣に言いたくなります。結局また続編が作られたので、 そこで何とか挽回してくれと願いたくなる映画でした。

関連映画

映画 感想 | パイレーツ・オブ・カリビアン デッドマンズ・チェスト

パイレーツ・オブ・カリビアン デッドマンズ・チェスト

大英帝国の海洋拠点ポートロイヤルに“東インド貿易会社”の使者ベケットが現れ、海賊ジャック ・スパロウ(ジョニー・デップ)に協力した罪でエリザベス(キーラ・ナイトレイ)とウィル・タ ーナー(オーランド・ブルーム)を投獄した。ジャックの持つ「持ち主が欲する物」の在処を指し 示す“羅針盤”を欲していたベケットは、ウィルに取引を持ちかける。ジャックからその羅針盤を 奪って来れば二人を解放するというのだ。取引に応じたウィルはジャックを探しに大西洋に船出し た。一方ジャックは、深海の悪霊デイヴィ・ジョーンズの烙印の呪いから逃れるために或る“鍵” を探していたが、“羅針盤”がジャックのいう事を聞いてくれない為に難航していた。

関連映画

映画 感想 | パイレーツオブカリビアン 生命の泉

パイレーツオブカリビアン 生命の泉

キャプテン・ジャック・スパロウ(ジョニー・デップ)が漕ぎ出す新たな航海。それは、 永遠の生命をもたらすという伝説の“生命の泉”を探す旅だった。禁断の宝を求めて、 実在した史上最恐の海賊“黒ひげ”(イアン・マクシェーン)、いまや英国海軍に寝返った元海賊でジャックの宿敵バルボッサ (ジェフリー・ラッシュ)たちが動き出す。さらに、ジャックの前に姿を現したのは、かつて愛した女海賊アンジェリカ (ペネロペ・クルス)だった。それぞれの野望と裏切りが渦巻く中、伝説の泉の鍵を握る人魚シレーナと、 若き宣教師フィリップは出会い、決して叶うはずのない恋に落ちる……。 幾重にも仕掛けられた罠と謎を解き明かし、“生命の泉”に辿り着くのはジャックか?それとも……?