トップページ > 映画一覧 > 世界侵略 ロサンゼルス決戦

映画 世界侵略 ロサンゼルス決戦

映画 感想 | 世界侵略 ロサンゼルス決戦

ロサンゼルスを襲撃してきたエイリアンに立ち向かう海兵隊員たちの死闘を描くSFアクション。ドキ ュメンタリックな戦争映画の手法やUFOの実録映像を取り入れ、リアルな地上戦を展開する。出演は、 「ダークナイト」のアーロン・エッカート。監督は、「テキサス・チェーンソービギニング」のジョ ナサン・リーベスマン。2011年4月1日公開予定だったが東日本関東大震災の影響で公開延期。

映画 あらすじ

映画 感想 | 世界侵略 ロサンゼルス決戦 あらすじ

1942年2月25日、アメリカ・ロサンゼルス上空。アメリカ軍のレーダーが、発光しながら編隊を組む 25機の飛行物体を捕捉する。しかし約1440弾の対空砲火を行うが、1機も追撃することができなかっ た。当時、その模様はラジオで中継され、アメリカ西海岸はパニック状態に陥った。現在でも、この 騒動の真相は明らかになっていない。その後、1965年にはアルゼンチン・ブエノスアイレスで空飛ぶ 円盤が目撃され、1983年には韓国・ソウルに未知の光る物体が出現した。1991年にはイギリス・ロン ドンにもそれらが現れた。しかし、彼らの目的はまだわからなかった。そして2011年、これまで世界 各地で目撃されてきたUFO事件を通して人間を観察してきたエイリアンたちは、ついに地球侵略を開 始する。彼らの侵略の最初の地であり、最後の砦となったロサンゼルスを守るため、マイケル・ナン ツ曹長(アーロン・エッカート)率いる海兵隊は、壮絶な市街戦を繰り広げる。

映画 感想

映画 感想 | 世界侵略 ロサンゼルス決戦 感想

今回の映画は、いかにもアメリカン映画という感じの作品です。どういう事かといいますと、この 映画を見ると米軍が恰好良く見えるようになるという事です。日本でも海猿が公開されると海上保 安庁への志願者が増えるのと一緒です。そう、とにかく戦っている兵士達が格好いいのです。映画 は世界中の海岸に謎の隕石が墜落する所から始まります。そしてすぐさまエイリアンが海岸から歩 いてきた、あっというまに攻撃されます。世界の政府はこれを戦略的攻撃と判断しすぐさま反撃に でます。最近の映画では珍しく、人間とエイリアン側の戦力がかけ離れているというわけではなく 、かなりの接戦で戦いますので、一方的ではない戦場でのリアリティがエイリアンという敵で描く 事ができています。
エイリアンの方の兵器はそれでも人間とは違った形や機能を備えており、区別できるので撃って撃 ち返してが早いカメラの移動でも分かるようになっています。途中で主人公たちは半殺しにしたエ イリアンを捕まえて、その場で解剖のような事をして、肉体的な弱点を探したりするなどで戦って いる相手が人間でない事を再認識させるような場面もあります。

映画 感想 | 世界侵略 ロサンゼルス決戦 感想2

ストーリーというものは濃厚ではなく、あくまで戦闘シーンと米軍の恰好良さをアピールした作品 になっている感じです。因みに私はこの類の作品が大好物なので、終始スピード感のある展開を楽 しむことができました。あまりアクション映画が好きでは無い方は、もの凄く予算をかけたB級映画 に見えるかもしれませんが、やはり飛び交う戦闘機やはしる戦車も必見ですし、何より歩兵部隊に焦 点があたっているので、舞い散る土埃や飛び交う弾丸に緊迫感が生まれます。

すこしわくわくしたいや、とにかく映画が見たい!っとなった時にはおすすめですし、個人的には 必見映画間違いなしです。

同ジャンルおすすめ映画

映画 感想 | スカイライン -征服-

スカイライン -征服-

親友の誕生日パーティに参加するためロサンゼルスに来ていたジャロッドとエレインは、 早朝に友人の一人が青白い光の中に吸い込まれる瞬間を目撃する。窓の外には、巨大な未 確認飛行物体が大量に飛来し、地上から人間を次々と吸い上げていく光景が広がっていた。 ここから、エイリアンによる地球征服の3日間が始まる。

同ジャンルおすすめ映画

映画 感想 | モンスターズ 地球外生命体

モンスターズ 地球外生命体

NASAは太陽系に地球外生命体の存在を確認し、探査機でサンプルを採取する。しかし、大 気圏突入時にメキシコ上空で大破してしまう。その直後から突如出現し始めた地球外生命 体が増殖したため、メキシコの半分を危険地帯として隔離する。その6年後、カメラマンの コールダー(スクート・マクネイリー)は、モンスターたちの襲撃で大きな被害を受けて いるメキシコでスクープを狙っていた。そこで、怪我をした社長令嬢のサマンサ(ホイッ トニー・エイブル)を、アメリカの国境まで送り届けるように上司から命令される。