トップページ > 映画一覧 > タイタンの戦い

映画 タイタンの戦い

映画 感想 | タイタンの戦い

ギリシャ神話を映画化した1981年のカルト的名作『タイタンの戦い』を、最新のデジタル技術を使い、現代に再現した本作。 ゼウスやハデスといった神々や、メデューサ、クラーケン、スコーピオンといったクリーチャーたちが、 スクリーンを縦横無人に暴れまわっている。ゼウスと人間の間に生まれた半神である主人公・ペルセウスを演じるのは 『アバター』のサム・ワーシントン。見事な肉体で甲冑を着こなし、“闘う男”を演じている。 ギリシャ神話の有名なエピソードの映画化だが、神話を知らなくとも、見事な映像を観ているだけで楽しめる。 監督は『トランスポーター2』のルイ・レテリエ。彼の持ち味の派手なアクションは、本作でももちろん健在。

映画 あらすじ

映画 感想 | タイタンの戦い あらすじ

神と人類が共存していた神話の時代、神々は己の欲望を叶えるためには手段を選ばず、激しい権力争いを繰り返していた。 そんな神に対して、ある日、人間の王が反旗を翻す。人類の創造主で、神々の王であるゼウス(リーアム・ニーソン)は、 人類に対し激怒する。そして人類を滅ぼすため、冥界の王ハデス(レイフ・ファインズ)を解放する。人間たちは、 恐ろしい魔物の脅威にさらされるようになる。ゼウスには、 人間であるアルゴス前国王アクリシウスの妻ダナエーを姦通して生まれた息子ペルセウス(サム・ワーシントン)がいた。 ペルセウスは人間として育てられて、人間の世界で生きていたので、ハデスの力で家族を奪われる。 失うものがなくなったペルセウスは、ハデスを倒し、人類を滅亡の危機から救うという危険な任務を進んで引き受ける。 命知らずの戦士たちとともに、ペルセウスは危険な旅に出る。 その行く手には、海の底に閉じ込められている巨大な魔物クラーケンや、髪の毛が毒蛇でできたメデューサ、 1つの目を共有するグライアイ3姉妹、人間の女性の頭を持つ怪鳥ハーピー、 巨大なスコーピオンなど、強力な悪魔や恐ろしい獣たちが待ち構えていた。ペルセウスが生き残るためには、 神としての力を受け入れ、自分の運命を切り開かなければならない。

映画 感想

映画 感想 | タイタンの戦い 感想

今回の映画は、ギリシャ神話を基にしたストーリーが展開されます。神話好きの私としてはかなり期待して見に行ったのですが、 かなりの期待外れ感が否めませんでした。なんというか、全体的に中途半端というか、何がしたかったの?という感じです。 主人公のペルセウスは、神話ではかなりの英雄的活躍をするのですが、今回は人間くさくて、人間と神のハーフ、 デミゴットであることを忘れてしまいます。クラーケンも最後に少し出てきてあっさりやられてしまいますし、 ハデスやゼウスの絡みも中途半端で終わってしまいます。製作費をたくさんかけて適当に映えるように作りました。 という感じに見えます。

映画 感想 | タイタンの戦い 感想2

アクションシーンは力が入っているのか、かなり動きのあるものなのですが、ペルセウスの影がうすすぎます。 神とのハーフのくせに、逃げ回ったりしている姿はかなりシュールです。 サムワーシントンは好きな俳優なので、こういう無駄な俳優の使い方はかんべんしてほしいと思いました。 仲間は簡単にボロボロ死んでいきますし、安い人間ドラマもありなかなか退屈な映画でした。 暇つぶしに見たい方にはおすすめですが、映画を見たい方にはお勧めできません。

関連映画

映画 感想 | タイタンの戦い

マイティー・ソー

神の世界アスガルドの王オーディン(アンソニー・ホプキンス)の息子ソー(クリス・ヘムズワース)は、 選ばれた者しか持つことのできない伝説の武器“ムジョルニア”を手に、最強の戦士としてその力を誇っていた。 しかし強すぎるあまりその傲慢さから、氷の巨人の世界へ身勝手に攻め込み、アスガルドを戦乱の危機に陥れる。 その行為に怒ったオーディンはソーの力とムジョルニアを奪い、地球へと追放する。

関連映画

映画 感想 | 300 <スリーハンドレッド>

300 <スリーハンドレッド>

ジェームズ・ノリントンが持ち帰ったデイヴィ・ジョーンズの心臓を入手した東インド会社のベケッ ト卿は、フライング・ダッチマン号を操り、世界中の海賊たちを次々と葬っていた。海賊たちが生き 残るには、選ばれた9人の“伝説の海賊”を召集し、一致団結して全面対決するのみ。しかし9人のう ちの1人は、クラーケンに飲み込まれて生死不明となったジャック・スパロウ(ジョニー・デップ)だった。